38歳専業主婦のせふれ探し体験告白

せふれ探しをする為に出会い系サイトのイククルに登録してみました。

私は現在38歳の専業主婦で、子供も小学生になり、日中空いた時間にイククルでせふれを探しています。
旦那もいるけれど、身体の関係は2ヶ月に1度あるかないかで、こちらから誘ってみても乗り気ではなく、女性としての魅力すら私には無いのかと自信を無くしていたのです。

いざ登録してまずは男性からの書き込みをみました。

たくさんの男性の書き込みがあり、私と同じようにせふれを探している人がたくさん登録して居ることに驚きました。
自分から男性へ書き込みをしてみたり、こちらから私の望むような性癖の人を探すセフレ募集の書き込みをしてみるとものすごい男性からメールが来ました。

書き込みを見て同じ地域に住んでいる、自分の気に入った1人の男性と連絡を取り合いました。
歳は41歳自営業のバツイチの男性でした。

実際会う約束を取り付けるまでにそれ程時間はかかりませんでした。

平日昼間、私の家の近くの駅まで来て貰いました。久しぶりのデート?に胸がドキドキ止まりませんでした。
どんな人が来るのか楽しみでもありました。私は子供が産まれてから、ひたすら育児に専念してきてこういったせふれを自分から求めてするなんて昔の私からは想像できませんでした。

待ち合わせの場所に男性の車が停まっていました。
車の中に乗り込むと私達はしばらくはお互いの自己紹介を含めた世間話をしながらホテルへ直行しました。

旦那以外の男性と話をしたのも久しぶりで、まるで恋人同士のような時間を過ごすことができました。
男性は私を女としてとても魅力的だと褒めてくれました。
私の中で眠っていた女がどんどん開花していくのを感じました。

帰ってきてからもメールのやりとりを続けています。月に1度は必ず会っています。

私は1度開花した女という武器をまた彼以外の男性を求めてイククルでセフレ探しをしています。
私は悪い女なのでしょうか…男性からもてはやされる快感が堪らないのです。
私の知らない世界をもっと見てみたいんです。

イククルに登録して私は最近綺麗になれたと思ってます。
旦那もいつもより多く抱いてくれるようになったと思います。イククルは会員も多いのでこれからもたくさんの男性を求めて、せふれが出来そうだと思ってます。

38歳既婚男性会社員の愛人体験告白

出会い系サイトで知り合った愛人は人妻で42歳、年上の女性です。
彼女はすでに旦那とは別居していて一人暮らしの生活を送っていた彼女ですから生活費の面で多少の収入も必要だったということから、わたしとの愛人関係を持つようになりました。
42歳という年齢には似つかわしくない若々しい見た目は衝撃的でさえありました、ハーフかクォーターかってはじめは思ったぐらいにきれいな目鼻立ちをしているスリムな美人さん。
メール交換も1週間程度で現実の世界で対面を果たして、面接を兼ねて肉体関係を持つためにホテルに入りました。
彼女のルックスだけではなく、綺麗に肉体に対してすっかり心惹かれてしまい久しぶりに夢中になって女性の落体を求めてしまったのです。
彼女もその美貌とは裏腹にセックスは久しぶりだった様子でかなり燃えているのがこちらにも手にとるようでした、激しい肉体関係を終わらせて愛人にならないかと申し出て関係をもつことになったのです。
旦那との夜の生活はまったく無味乾燥だった様子で、彼女自身わたしとの肉体関係はかなりの刺激を得ている様子でした。
年齢にそぐわないその綺麗に肉体や膣の締まりに自分自身で没頭していくのがわかりました、その後彼女は旦那との離婚も成立して無事に独身女性になったのですがこうなると自分のものにという気持ちも強くなりまして、自分の家庭も冷えきっているいうこともありますから真剣に彼女との関係を進めていこうかと思うようになりました。
愛人関係から夫婦関係になるにはあと少しハードルを超える必要はありますが、心の方はしっかりと繋がっていますし今後は彼女との夫婦関係に発展も近いと感じています。

許されない愛の告白